こんにちは、anseです。

まずは、DIYの記事を書くにあたって少し自己紹介をします。

私は地方に住む17歳、高校生です。
好きなことは部活でやっている合唱とネットサーフィン、そしてvintageのお洋服を集めることです。
vintageの中でもガーリーでロマンティックなヨーロッパのお洋服に目がなく、東京などの都市に旅行に行った際には古着屋さんめぐりをして、うっとりしています。

しかし私はまだ学生で自由に使えるお金も限られています。
地方から都市へ行くだけでも相当なお金がかかるし、vintageのお洋服は値段が高いものも多く、1着か2着買うのがやっとです。
そこで「お洋服にあわせる小物や、アクセサリーは自分で作ってみよう!」と思い、はじめたのがDIYです。

この記事ではそんな私が作った作品と作り方を簡単にご紹介します。
できるだけ安く、しかしチープには見えないように、そして住む場所関係なくどこでも手に入る材料を使うをモットーに制作していきたいと思います。

⌒∵⌒∵⌒∵⌒∵⌒∵⌒∵⌒∵⌒∵⌒∵⌒∵⌒∵⌒∵⌒∵⌒∵⌒∵⌒∵⌒

第1回「vintage like headdress」

今回は造花とリボンを使ったvintage風ヘッドドレスを作ります。
新品の素材でも、くすんだ色味や汚れを意識することで一気に上品に!

材料

∴造花 (100円ショップ)
100円ショップの造花は鮮やかな色のものが多いですが、今回はvintage風を意識してくすんだピンク系の色を中心に購入しました。
プラスチックの茎の部分は使用しないため、布の花びらと葉の部分だけで選んでいただければと思います。
気に入ったものがなければ色のついた和紙やトレーシングペーパーを花びらの形に切っていただければ代用できます。

∴ペップ (手芸店)
ペップとは、造花を作る際におしべやめしべの部品として使用するパーツで、手芸店で手に入ります。
今回は紅茶染めをするため、紙製白のペップを用意しました。
他にもパールのついたものや、色付きのものがあるのでお好みのものを購入してください。

∴リボン (手芸店)
トッピングとして使うため、好きなものを好きなだけご用意ください:)

∴クラフトテープ (100円ショップ)
本来は収納に使うカゴなどを編むための平たいテープですが、今回はヘッドドレスの土台として使用します。

Step 1 ヴィンテージライクな造花づくり

今回買ったお花はプラスチックの部分がどうしても安っぽい印象になってしまうため、花びらだけ取り出します。
基本的にひっぱれば簡単に取れますが、難しい場合はハサミで分解してください。

次にペップを紅茶染めします。
使い終わったティーバッグを温め、束のペップに押し付けて色をつけます。
紙製で弱くなってしまうため、先端のみにつけるようにしてください。
色がついたら広げて乾かします。

最後に半分に折ったペップを花びら中央の穴に通して部品の完成です。

Step 2 土台を作る

クラフトテープを好みの長さに切り、丸を作ってホチキスでとめます。
ここでヘアピンを土台につけておくと頭につけやすくなります。

Step 3 パーツを土台につける

土台が見えなくなるようにパーツをつけていきます。
花びら全体ではなく、花自体が浮くように裏側のペップの部分にのりをつけて土台に貼ると、それらしくなります。針金を使って花を浮かせるのもかわいいかも。
所々にペップの束や葉を入れるとさらにヴィンテージライクに!
リボンの切れ端はトップコートを薄く塗ることでほつれを防げます。

Finish…!!

いかがでしたか?ぜひ自分なりにアレンジしてかわいいヘッドドレスを作ってみてください♡

anse
服飾系の学校に通っています。自分のヴィンテージショップを開くのが夢。
twitter:@qt_119
instagram:@__anseish